ロコモ関連記事

ロコモなるといくらかかる?

ロコモになったら誰にお世話になる?では介護者の多くは身内であることをお話しました。


もし身内の世話にならない場合は介護事業者に頼むことになります。
介護サービスを受けることになりますので、お金もかかります。
厚生労働省によると介護サービスにかかるお金は、介護保険サービス利用の負担額は費用の1割になるそうです。(所得に応じて利用額の軽減措置があるそうです。)


また1ヶ月の利用限度額も決められています。
例えば自宅でサービスを受ける場合だと、要支援1では49,700円・要介護1では165,800円となります。
この金額内であれば個人負担は1割となりますが、限度額を超えた場合は全額自己負担になるそうです。


また施設でサービスを受ける場合だと、施設のサービス費1割の他に、住居費・食費・日常生活費がかかりますし、数人部屋、個室といった部屋の種類でも金額は変わっていきます。


施設サービスの場合は1ヶ月約10万円前後はかかるようです。


介護にかかるお金は様々です。
おむつが必要になってくればおむつ代、普通食が無理になってくれば介護食になりますから食事代も変わってくるでしょう。


生活がしやすいように、自宅のリフォーム代や車椅子が必要になってくれば、車椅子のレンタル代などかかります。また訪問看護を受ける場合は病院に出向くより料金は高くなるようです。


実際にどれくらいの金額がかかるのか?
介護度合いで受けるサービスの時間、内容、週に何回サービスを受けるのか、いろんなパターンがあるのではっきりお話することはできませんが、目安として月に3万から5万はかかるのではないかといわれているようです。


介護費用 誰が負担する??


もし月に3万から5万ものお金がかかった場合、自分で払える人はいいですが、払えない場合は家族に頼ることになりますね。


もし、両親二人共介護になってしまったら。。。
そう考えるととても大きな出費につながり、自分の生活もままならなくなってしまいます。


もし介護が必要になったときに、家族が世話する場合だと介護者が仕事の時間を削ったり、もしくは会社を辞めなければならないケースもあるようです。
そうなれば、家族全体の収入は減り生活も苦しくなるかもしれません。


ロコモになれば、介護につながる道に立っているということです。
多くの人が老後は自分の楽しい趣味や子供達、孫と過ごす楽しい時間のためにお金を使い。。。
なんて考えるのではないかと思います。


ですから、ロコモにならないように日常的にロコモ予防が必要です。
配偶者がいる方は、配偶者と今後の生活に関して話し合い、一緒にロコモ予防すれば予防も長続きしそうではないですか?


配偶者がいない場合は、地域の人・お友達と一緒にロコモ予防どうでしょうか。
人との関わりを持ちながらのロコモ予防がコミュニケーションが取れますから、気分も明るくなり、行動範囲も小さくならないのでは?なんて思います。


ロコチェックがまだな方は是非ロコチェックをやってみてください!



関連記事

要支援原因 ロコモ1位!要介護原因 ロコモ3位!

ロコモになったら誰にお世話になる?

あなたは大丈夫?ロコモチェック


←前の記事知ってる?全国各地のロコモ予防対策




>>ロコモをサポート!プロテオグリカン配合サプリ「プロテウォーク」(テレビ通販商品)詳細はこちら

ロコモ基礎知識

 

ロコモの原因

 

ロコモの予防方法

 

ロコモ関連記事