ロコモの原因

腰痛 足のしびれ、痛みは要注意!脊柱管狭窄症

ロコモになってしまう原因の一つに脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)があります。


脊柱管狭窄症はロコモとは運動器の衰え・障害で紹介した脊髄が通っている脊柱管が細くなって主に腰や足に痛みを伴う症状になります。


複数の神経が集まったものが脊髄になりますから脊柱管が狭くなることで脊髄が圧迫され、
*腰の調子がおかしい(はっている、重たいなど)もしくは痛かったり、
*腰を曲げているときよりも、腰を後ろに反らしたした時に痛みが強く感じられると違和感や痛みが出てきます。
また、歩き始めると足が痛かったり、しびれを感じたりすることもあるようです。


歩くことで神経が圧迫され痛みを感じますが、前かがみや座ることでその痛みが軽減され再び歩くことができることもあります。


このような症状を間欠跛行(かんけつはこう)といい、脊柱管狭窄症では主に腰の痛みの症状が多いようですが、間欠跛行といった足にも症状が出る場合もあるということです。


腰を動かすこと、そして歩行は日常生活でよく使う動きです。
その重要な動きが痛みによって徐々にできなくなることから、脊柱管狭窄症もロコモにつながっていると言われているのです。


脊柱管狭窄症の原因

どうして脊柱管狭窄症になってしまうのでしょうか?


・加齢
・背骨の病気(椎間板ヘルニアなど)
・生まれつき
・日常的に背骨を圧迫するような動きをする人

以上のような原因があげられるようです。


<加齢>
歳をとると脊柱管も細くなるようです。
そのため高齢になれば脊柱管狭窄症になる人もいるのです。


<背骨の病気>
もとも腰が悪い例えば椎間板ヘルニアなどの病気を抱えている場合、脊柱管狭窄症にもかかる場合があるそうです。


<生まれつき>
生まれつき脊柱管が細い方もいるそうです。このような場合若くして脊柱管狭窄症を発症するそうです。


<日常的に背骨を圧迫するような動きをする人>
重たいものを運ぶ職業やドライバー、常に座っている仕事の人など、常に背骨に何らかの負担をかけている人・長時間同じ姿勢をしているとなりやすいようです。


脊柱管狭窄症は主に加齢が原因でなる症状のようですから、50歳以降は気をつけた方がいいですね。
間欠跛行といった脊柱管が原因で、足が痛いというような症状もありますから要注意です。


脊柱管狭窄症は中高年の男性がなりやすいととも言われているそうです。
<日常的に背骨を圧迫するような動きをする人>で紹介したように、重労働やドライバーなど男性が多い職業だからかもしれませんね。




関連記事

ロコモ(ロコモティブシンドローム)について

ロコモとは運動器の衰え・障害

腰や膝を痛めている人のロコモ予防

悪い姿勢がロコモにつながる?


←前の記事フラフラする人は要注意!バランス感覚の低下




>>ロコモをサポート!プロテオグリカン配合サプリ「プロテウォーク」(テレビ通販商品)詳細はこちら

ロコモ基礎知識

 

ロコモの原因

 

ロコモの予防方法

 

ロコモ関連記事