ロコモの原因

特に中高年女性は要注意!変形性膝関節症

ロコモになってしまう原因の一つに、変形性膝関節症(へんけいせいひざかんせつしょう)があります。 変形性膝関節症とは簡単にいってしまえば、膝の関節が痛む症状になります。


ロコモとは運動器の衰え・障害でお話したように、骨と骨の間は関節になります。
その関節部分には関節にかかる負荷を調節している関節軟骨があります。
関節軟骨があるおかげで、骨同士のこすれを和らげ、スムーズに関節が動かせるようになっています。


変形性膝関節症は膝の関節部分の関節軟骨が、なんらかの原因ですり減り骨と骨が直接ぶつかって痛い、またはすり減った関節軟骨の破片が関節周囲を傷つけ炎症が起きてしまう症状になります。


歩いたり、しゃがんだり、立ち上がったりするだけで膝に痛みを感じ、症状が進行していくと、動いてないときでも痛みを感じるようになるそうです。また炎症のため、膝に水がたまり膝部分が腫れるといった症状もでるようです。


変形性膝関節症は初期段階ですと、時々痛んだりしてまた我慢できる範囲のようですから治療までいたらず放置してしまう人もいるようです。


しかし、症状が進行してしまうと我慢ができないほど痛くなったり、できるだけ動かないようになってしまうことから、引きこもりにつながる原因にもなるようです。


膝は日常生活に大きく関わる部分です。
そのような部分が痛むわけですから、変形性膝関節症の症状が進行していけば自立した生活ができなくなり、ロコモへとつながることでしょう。


変形性膝関節症の原因

どうして変形性膝関節症になってしまうのでしょうか?
なぜ膝の関節軟骨がすり減っていくのでしょうか??


・加齢
・女性である
・肥満
・運動不足
・O脚である
・日常的に膝に負担をかけている人


以上のような原因が考えられるようです。


<加齢>
関節軟骨も加齢によって弱くなっていきます。
また歳をとればとるほど、膝を使う期間が長くなりその分膝の負担が大きくなります。


そして加齢で減少していく筋肉でお話したように、加齢で筋肉量も減っていきます。その分関節部分の負担も大きくなることから高齢者に多い症状のようです。


<肥満>
体重増加は膝に負担をかけます。
というのが、普段歩いている時に膝にかかる重さが体重の約3倍になるそうです。
体重が増えればその分膝にかかる負担は大きくなりますから、肥満は膝にとてもよくないことだと言えるでしょう。


<運動不足>
膝を動かさないことも実は変形性膝関節症を引き起こしてしまう原因になるようです。


膝関節は筋肉はつながっています。
運動不足は筋肉の衰えを引き起こし、その結果膝の負担も増えてしまいます。


また関節と骨をつなぎとめているその他の部位、例えば靭帯や腱などは動かさないと硬くなる傾向にあり、その結果関節部分もしだいに動かしにくくなるといったこともあるようです。


<O脚である>
ピンと姿勢よく立った時に、膝どうしが離れ、まるで英語のOのように見えるのがO脚です。
立っているだけでも膝関節が傾いていますから、常に膝関節に負担をかけている状態です。


膝関節が傾いた状態ですので、しゃがむ時に痛みを伴うこともあるようです。


<日常的に膝に負担をかけている人>
激しいスポーツや長時間の立ち仕事、屈伸するような動きが多い仕事の方も膝関節にかかる負担は普通の人より大きくなります。


<女性である>
女性はもともと男性よりも筋肉量が少なく、その上膝に負担をかけるような履物(ヒール)を履く機会が多いです。
また女性の方が男性よりもO脚の人が多いようです。


変形性膝関節症は男女ともに起こりうる症状ですが、男性よりも女性の方が多い症状のようです。
男性1に対して女性4という比率です。


ですから、変形性膝関節症は特に中高年の女性が気をつけなければいけない症状と言えるでしょう。


関連記事

ロコモとは運動器の衰え・障害

加齢で減少していく筋肉

要支援原因 ロコモ1位!要介護原因 ロコモ3位!

ロコモになる大きな原因3つ


←前の記事腰痛 足のしびれ、痛みは要注意!脊柱管狭窄症




>>ロコモをサポート!プロテオグリカン配合サプリ「プロテウォーク」(テレビ通販商品)詳細はこちら

ロコモ基礎知識

 

ロコモの原因

 

ロコモの予防方法

 

ロコモ関連記事