ロコモの原因

特に女性は要注意!骨粗鬆症(こつそしょうしょう)

ロコモになってしまう原因の一つに骨粗鬆症(こつそしょうしょう)があります。


骨粗鬆症の症状は骨の中身がカスカスになり、骨量が低くなることをいいます。
(骨量とはカルシウムなどのミネラル(無機質)の量のことを言います。)


そして骨粗鬆症で一番怖いのが骨折です。


骨粗鬆症になってしまうと、骨の中身がカスカスですからわずかな力でも折れやすくなっているのです。
少しの段差でつまずいただけで、骨折してしまう場合があり、肩、手首、足首、足の付け根といった思わぬ箇所の骨折も多いようです。


骨折によって活動範囲が狭まり、徐々に介護状態につながる=ロコモ になってしまうケースが多いようです。


特に足の付け根が骨折してしまうと寝たきりにつながる確率が高くなり、骨粗鬆症で骨折してしまうと、骨折をしてない人に比べて再び骨折してしまう確率が高くなるそうです。
また骨の骨量が低いことから、徐々に背骨が曲がってしまうこともあるようです。


背骨が曲がってしまうと、内蔵が圧迫され消化器系が正常に働かなくなる、腰が痛くなるといった症状があるようです。


骨粗鬆症の原因

どうして骨粗鬆症になってしまうのでしょうか。


・加齢
・女性ホルモンと閉経
・ダイエット
・遺伝
・生活習慣
(運動不足・食事・タバコ・飲酒・ストレス)
・病気と薬

このようにいくつかの原因があるようです。


<加齢>
歳をとると骨の成長に関係しているホルモン分泌が少なくなるため、男女ともに約40歳ごろから骨の強度が低くなっていく傾向にあります。
また、骨の材料になるカルシウムの吸収率は加齢によって低くなっていきます。


<女性ホルモンと閉経>
女性は男性と同じく約40歳ごろから骨の強度が低くなっていきますが、閉経を迎える時期に骨の強度がグンと下がる傾向にあるようです。


女性ホルモンのエストロゲンが骨形成に関わっていて、カルシウムを蓄える働きがありますが、閉経=生理がなくなりますと、女性ホルモンのエストロゲンが減少し、その影響で骨の強度が急激に弱くなる傾向があるようです。


<ダイエット>
太り過ぎは病気につながる可能性があることから、健康維持のために体重を落とす=ダイエット することも必要です。


しかし、体重を落とすことだけに注目してしまうと、食事面がおろそかになり骨の形成に関わっているカルシウムやビタミンDなのどの摂取も少なくなりがちです。また私たちの活動維持に大いに関係している筋肉まで減量してしまうこともあるのです。


筋肉はロコモとは運動器の衰え・障害でお話したように、骨を支えていますから筋肉量が減れば、骨のガードが減りますから骨折しやすくなることでしょう。


また骨量が増える大事な時期が思春期になります。18歳ごろが一番骨量が増えるようです。
そしてこの18歳ごろを境に、骨の骨量は増えることはないそうです。
ですからこのような大事な時期にダイエットをしてしまえば、大人になっても骨量が低い状態になり早い段階で骨粗鬆症になる可能性がでてきますね。


ダイエットをしようとしている人、ダイエット経験者は成人や中高年ばかりではなく、10代もしくは10代未満のダイエット経験者も増えているようで、健康維持よりも見栄えを気にしたダイエットが主なようです。
ダイエットを考えるならば、遠い将来のことで想像がつかないかもしれませんが、ロコモにつながるリスクが高くなる無理なダイエット、間違ったダイエットは避けたいものです。


<遺伝>
骨の強度は遺伝に関係しているようです。
ですから、家族や親類で骨粗鬆症になってしまった人がいれば、自分もなる可能性があるかも。。。。と考え早いうちから予防が必要になります。


<生活習慣>
生活習慣の乱れが骨粗鬆症につながる場合もあります。


・運動不足
骨の成長には歩いたり走ったりというような刺激も関係しています。
ですから、運動不足など活動量が少ない人は骨の成長が十分ではないようです。


・食事
偏った食事は栄養不足をまねきます。
骨の成長にはもちろん栄養が不可欠です。


・タバコ
タバコはカルシウムの吸収を阻害するようです。
タバコを吸うことで胃腸の働き、エストロゲンの働きを弱めてしまうからです。


・飲酒
飲酒もタバコと同じで胃腸の働きを弱め、カルシウム吸収率が落ちます。
そしてアルコールは利尿作用がありますから、カルシウムが尿と一緒に排出されやすくなります。


・ストレス
ストレスによって食事が食べられなくなる場合もありますし、胃腸が弱ることもあります。


<病気と薬>
動脈硬化、糖尿病、腎臓病、胃の病気、卵巣などの病気、ステロイドという薬を長期間使用することで、骨量が低下する場合があるようです。


骨粗鬆症になってしまう原因はいろいろとあるようですから、歳を重ねるごとに気をつける必要がありますね。


特に気を付けないといけないのがやはり女性で、骨粗鬆症になっている人のなんと8割が女性であり、70代、80代になりますと女性の約半数の方が骨粗鬆症になっているそうです。


また60代でも女性の約30%の人が骨粗鬆症になっているそうですから、女性は閉経したら特に骨粗鬆症に気を付けないといけませんね。


関連記事

ロコモとは運動器の衰え・障害

ロコモと生活習慣病

ロコモになる大きな原因3つ

骨をつくる食事

骨を鍛えてロコモ予防


←前の記事特に中高年女性は要注意!変形性膝関節症




>>ロコモをサポート!プロテオグリカン配合サプリ「プロテウォーク」(テレビ通販商品)詳細はこちら

ロコモ基礎知識

 

ロコモの原因

 

ロコモの予防方法

 

ロコモ関連記事