ロコモの原因

加齢で減少していく筋肉

ロコモになる原因は何?で日常に潜むロコモになってしまう原因を紹介しました。 ここでは筋力低下について詳しく紹介していきます。


まずは筋肉の量に注目してみましょう。


筋肉の量は歳をとると徐々に減り始めるようです。
といっても面白いことに上半身の筋肉の量はそれほど変化がないようです。


ではどこの筋肉が徐々に減っていくのかというと、下半身の筋肉になります。
下半身の筋肉と言えば、歩く、走る、しゃがむ、立ち上がるなど、私たちの日常生活に大いに関係してくる筋肉ですよね。


下半身の筋肉と言えば、太もも、ふくらはぎですね。

どちらとも重要な筋肉ですが、特に太ももは体の中で一番大きい筋肉になり太ももは筋肉量が大きため、それだけエネルギーの消費も大きい場所です。


そして足を持ち上げる動作で主に使われる筋肉になりますから、私たちの活動にとても必要な筋肉になります。
しかし太ももの筋肉は男性も女性も20歳から徐々に減り始めるそうです。


70歳を迎える頃には20歳と比べると約半分近くも筋肉が減り、さらに50歳以降は筋肉の落ち方が加速するとも言われているようです。


また膝を動かしている主な筋肉が太ももになります。
太ももの筋肉が減ってしまうと、膝の動きも悪くなりますから椅子に座ったり立ったりというような何気ない日常生活の動きが辛くなっていき、関節に負担がかかるというわけです。


またロコモとは運動器の衰え・障害でお話したように、筋肉は骨を支えていますから、筋肉量が減ってしまえば骨にかかる負担は大きくなり骨折しやすくなることでしょう。


また太ももの筋肉に限らず、体の筋肉量が減り、筋力低下してしまう症状「サルコペニア」と呼ぶそうです。
主に広背筋・腹筋・膝伸筋群・臀筋群などの筋肉に筋力低下がみられるようです。
やはり日常生活活動が困難になっていくことから「サルコペニア」になるとロコモに通じると考えられます。


そして筋肉は使わないと筋力も低下していくそうです。怪我や病気で安静にしなくてはいけない場合もあるでしょう。
そういった場合は活動ができませんから、筋肉を使うことはなくなります。
すると筋力が減っていくそうです。
1日に約3から5%減っていき、寝たきり安静の場合ですと、1週間で約20%筋力低下し、3週間で筋力は約60%も落ちるそうです。
ですから寝たきり状態が続けば続くほど筋力は落ちていきます。


もし安静状態が解かれても、安静状態が長ければ長いほど筋力が低下していますから、しばらくの間日常生活がスムーズにいかない場合もあり、日常生活に戻るためのリハビリが必要になるケースもあるようです。


以上のことをまとめてみました。


<筋肉が落ちることで考えられること>


・筋力が低下し、活動力も小さくなる
・消費エネルギーが少なくなり落ち太りやすくなる
・骨に負担がかかる
・関節に負担がかかる

           ↓

・歩行、座る、立ち上がることが困難になる
・少しの段差でもつまずく・転ぶ
・骨折しやすくなる

           ↓

次第に動かなくなり、さらに筋力が低下する

           ↓ 

ロコモ


ですから、ロコモ予防としては筋肉を使い育てることが大切だと言えるでしょう。


関連記事

ロコモとは運動器の衰え・障害

ロコモになる大きな原因3つ

筋肉をつくる食事・骨をつくる食事

運動や体操・ストレッチでロコモ予防


←前の記事特に女性は要注意!骨粗鬆症(こつそしょうしょう)




>>ロコモをサポート!プロテオグリカン配合サプリ「プロテウォーク」(テレビ通販商品)詳細はこちら

ロコモ基礎知識

 

ロコモの原因

 

ロコモの予防方法

 

ロコモ関連記事