ロコモ基礎知識

あなたの運動器は年相応?ロコモ度テスト

自分はまだまだ若い! 自分はまだまだ動ける! 自分はまだまだ元気だ!


なんて思っている方が多いのではないでしょうか。
そんな方にも是非やっていいただきたいのが「ロコモ度テスト」です。


ロコモ度テストは日本整形外科学会が勧めているテストです。
自分の運動器が正常にはたらいているのかどうか、自分の年齢の平均値と比べるテストになります。


3つのテストがあります。概要を簡単に説明しますね。


1、足の力を試す立ち上がりのテスト
10cmから40cmまでの台を用意します。(10cm刻み)
まず40cmの台に座り両手を組んで、反動をつけずに両足で立ち上がりその姿勢を保てるかどうか。
次に片足でできるかどうか。
その後、30cm、20cm、10cmと低い状態でできるのか試していきます。


2、歩幅、筋力、バランス、柔軟を試す 2ステップテスト(ツーステップテスト)
できる限り大股で2歩歩きます。2歩歩いた長さを測り、


2歩幅 ÷ 身長 = 2ステップ値
2ステップの値を出します。


3、ロコモ25
この1ヶ月間の体の痛みや日常生活に関する質問が25あります。
25個の質問にチェックを入れるだけなのでとても簡単です。


手や腰などの痛みや着替えやお風呂など
日常生活が困難かどうかの質問になります。


以上3つのテストがありますので
是非やってみてくださいね。


テストと診断内容はこちらです。↓ (参考:ロコモチャレンジ)
自分の運動器が年相応なのか詳しくわかります。


1、足の力を試す立ち上がりのテスト
https://locomo-joa.jp/check/test/stand-up.html


2、歩幅、筋力、バランス、柔軟を試す 2ステップテスト(ツーステップテスト)
https://locomo-joa.jp/check/test/two-step.html


3、ロコモ25
https://locomo-joa.jp/check/test/locomo25.html


テストはくれぐれも無理をなさらないようにしてくださいね。


立ち上がりのテストは台を用意しないといけませんから少々面倒かもしれません。
普段片足で立ち上がることはないと思うので、同じような高さの椅子で果たして立ち上がれるかどうか一度試してみるのもいいいかもしれませんね。


ロコモは意外なところに潜んでいるかもしれません。
1度だけでなく期間を開けて、定期的にロコモテストを試すのがいいですね。


解説動画の紹介



■立ち上がりテスト
40センチ、30センチ、20センチ、10センチの高さのものを用意してください。


まず、10センチのところで両足を使って立てるか?
これが出来れば、男性女性とも70代の運動年齢になります。


次は40センチのところで片足で立ち上がります。片足をあげて、手を胸に当ててください。これで立っていただきます。そして、立ったらその状態を3秒キープします。反対の足も同じように行ないます。
これが出来ますと、男性は40代、女性は30代の運動年齢。69歳までの方が平均的になります。


次に30センチです。30センチも先ほどと同じように、座って足を上げ手を胸に、片足で立ち上がりまこす。出来ましたら、反対の足も行ないます。
これが出来ますと、男性が30代、女性が20代の運動年齢となります。


次に20センチ。先ほどと同じように行ないます。こちらが出来ますと、男性で20代の運動年齢になります。


普段の記録にはありませんが10センチで片足で立てますと、普段から運動されている方となります。


■2ステップテスト
大またで2歩進みます。これを2回おこないますが、記録の良かった方で判断します。


それではやってみます。「1歩、2歩」これが1回目。「1歩、2歩」2回目です。
距離を測ります。270センチ。私の身長が166センチです。


「距離÷身長」
270÷166=1.62
年代別2ステップ値というグラフで見てみますと、1.62はロコモ年代としては30代に当てはまりました。


■ロコモ25
https://locomo-joa.jp/check/test/pdf/locomo25.pdf


↑の質問項目に答えていきます。
例えば、
問1、頚・肩・腕・腰のどこかに痛み(しびれも含む)がありますか?
   痛くない・少し痛い・中程度痛い・かなり痛い・ひどく痛い


この5項目のどこにあてはまるか答えていきます。同じように、25問すべて答えていきます。
最後に回答数を記入する欄がありますので、数を記入します。
0点の回答が何問あったか、1点の回答はと数えて4点まで全部記入していきます。
そして、点数×回答数をそれぞれ計算していただき、合計の点数を出してもらいます。
この合計点数が判定ポイントとなります。


20代の方であれば5点、30代・40代の方6点、50代の方が7点、60代が9点、70代が12点。このポイント内で収まっているかどうかでロコモ度年齢の判定ができます。


この3つのテストで自分のロコモ度年齢を調べていただくことができます。




関連記事

ロコモ(ロコモティブシンドローム)について

ロコモとは運動器の衰え・障害

あなたは大丈夫?ロコモチェック

ロコモになる大きな原因3つ


←前の記事ロコモ対策は国家プロジェクト




>>ロコモをサポート!プロテオグリカン配合サプリ「プロテウォーク」(テレビ通販商品)詳細はこちら

ロコモ基礎知識

 

ロコモの原因

 

ロコモの予防方法

 

ロコモ関連記事