ロコモ基礎知識

ロコモの疑いあり!?どこに受診すればいいの?

ロコモにつながる原因は何?でお話したようにロコモの原因はいくつか考えられ、足、腰、膝に違和感を覚えたり、 時には激しい痛みがあったり、骨折したり歩行が困難になったりといろんな症状があらわれます。


もしこのような症状が出た場合、少しでもロコモの疑いを感じられる場合はどうすればいいのかと迷われることもあるでしょう。


ロコモ啓発を始めた日本整形外科学会は「ロコモの正しい予防啓発を推進するロコモアドバイスドクター」を紹介しています。


全国の日本整形外科学会所属の専門医を紹介しています。
こちらを参考にどうぞ↓
ロコモアドバイスドクター https://locomo-joa.jp/supporter/
日本整形外科学会 全国の 整形外科専門医  https://www.joa.or.jp/jp/public/search_doctor/index.asp


ロコモは運動器の衰えまたは障害によってなってしまうものだとお話しました。
ですからロコモの疑いがある場合は「運動器」をしっかりと治療ができる整形外科専門医にがいる病院がいいようです。


そもそも整形外科は、運動器の病気や治療を行う専門科になり、手と足そして背骨に関わる筋肉や骨、神経などその範囲は広いようです。整形外科専門医というのは整形外科専門医の資格を取得した、整形外科の高い知識を持った医師になるそうです。


運動器のあらゆる知識だけでなく、過去からのデータ・そして今の医学技術をふまえたあらゆる角度からの治療を提案してくれるそうです。整形外科専門医は運動器の治療に関するエキスパートと言えますね。


整形外科では日常生活のアドバイスやリハビリも兼ねた治療もできますから、ロコモになってしまっても放置せず早めの受診でしっかり活動できる日常生活を取り戻し将来元気で過ごせるようにしましょう。


(参考:日本整形外科学会 https://www.joa.or.jp/jp/public/search_doctor/index.asp)



関連記事

ロコモ(ロコモティブシンドローム)について

ロコモとは運動器の衰え・障害

ロコモになる大きな原因3つ

腰痛 足のしびれ、痛みは要注意!脊柱管狭窄症

特に中高年女性は要注意!変形性膝関節症


←前の記事あなたは大丈夫?ロコモチェック



>>ロコモをサポート!プロテオグリカン配合サプリ「プロテウォーク」(テレビ通販商品)詳細はこちら

ロコモ基礎知識

 

ロコモの原因

 

ロコモの予防方法

 

ロコモ関連記事